金貨のグレード保証

金貨金貨を資産として購入する場合、純度が「99.99%」のものでなければ純金としての価値は下がってしまいます。ただし、純度が「99.99%」ばかりに注意をするのではなく、メーカーにも注意を向けることが必要です

金貨を購入する時には金貨を作ったメーカーはどこであるのかを確認します。金貨には製錬メーカーのマークが刻印されており、その金貨を保証しているのです。世界的にもきちんと認められているメーカーによってつくられた金貨であれば、どこでも売買をすることができます。

金貨やコインなどの鑑定会社がありますが、そこが鑑定をした証しとしてコインのケースの上に鑑定シールを貼ります。鑑定シールが貼られている金貨であれば、グレード保証がされてある証しになります。グレードは細かく分けられており70段階ほどあります。鑑定されている内容が記載されているので、購入する場合はそこを見ることでどのような状態の金貨であるのかが判断がつくのです。また金貨の基準価格も判断する材料になるのです。

販売店によっては、正規の金貨鑑定会社以外の鑑定シールが貼られている場合があります。これは正規の鑑定会社が鑑定をしたものではないため、販売店などが勝手に貼っているものと判断できます。